オヤジ画家のくだらない話、くだる話。
by megumiterao
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 09月
2006年 08月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
MEGUMI
from 気ニナルコトバ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


4年ぶりの日記。

このブログを休んでいた4年間の間に、私に宝物が出来ました。
将来いい味のオヤジになりうる息子が、今、私の横にいます。
胸板厚めの、この
b0094196_22354581.jpg
もうすぐ3歳児は、こっちじゃ誰も知らないウルトラマンが大好き。
悲しいかな60年代うまれの母は、日々進化し続けるウルトラマン事情を知らないわけで。
よって彼が口ずさむのは、初代ウルトラマンの歌、もしくはタロウの歌。
ま、問題ないでしょう、元気ならば。
[PR]
# by megumiterao | 2010-09-01 22:37

モロッコで展覧会megumi terao&souhail benazzouz

2006年7月31日。9回目のモロッコへ。
そう、展覧会のためであります。
2002年の夏にはじめて行った時、空と土と風と海と木と肌。すべての色がなんて素晴しいんだろうと思った。4年たった今も、その感動は変わらない。ますます感動が増えるばかり。さらに友人も増え、心の色も加わった今、私にとって、この地は、もうなくてはならない場所になっている。
展覧会は、北モロッコ、ヨーロッパへの玄関タンジェの町から車で西へ40分ほど行った、大西洋に面した町 アシラで。白い壁。青い家の扉が美しいメディナ(古い街並)の中外は、夏のヴァカンスで人がいっぱい。さらに毎年恒例のアートフェスティバルが開催中で、とにかく、暑く賑やかな中、megumi terao&souhail benazzouz の展覧会は8月2日にオープニングを迎えたのであります。
フランス語が通じるから、モロッコでのコミュニケーションには困らないが、場所柄スペイン語圏の方々も多いので、スペイン語も喋らなければならない。めちゃくちゃ怪しいスペイン語を頑張って話すとこれが、なかなか楽しい会話もできる自分に感激。(5分ともたないが。)
もうひとりのアーティスト、souhailは、このアシラの町で生まれ育った人で、4年来の友人。一緒にできることが、ほんとうにうれしい。
私の作品は版画と絵、合わせて約47点。オヤジぎっしりの会場は、なかなか圧巻でございました。ここで発表した新作は、もちろん日本での個展でも発表します。

★日本での展覧会情報はテラオHPでどうぞ。 <東京、名古屋 長野>
www.megumimets.com

★アシラAssilaのHP、ぜひ見てみて下さい。
www.assilah.com

b0094196_23581891.jpg
b0094196_23583890.jpg
b0094196_23591224.jpg

[PR]
# by megumiterao | 2006-08-14 00:08